IRの具体的な利用方法について

Notice: Undefined index: content in /var/www/virtualhost/healinghandsandmore.com/wp-content/plugins/weblog_infra.php on line 40

IRとは、企業が投資家に、財務や経営の状況、業績動向などの情報を公開する活動です。投資家向け広報とも訳されますが、投資家が活用するだけでなく、就活をしている学生にとっても、重要な情報を得る事の出来る物です。就活では、就職セミナーや会社説明会に赴く等で企業の情報を収集するかと思います。しかし、企業側がわざわざ企業の欠点を発信する事はないでしょう。永く付き合う就職先ですから、欠点も含めた全てを知っておく事こそ重要です。IRでは、財務状況、経営状態等はもちろん深く読み込んでいく事で、今後の展開や戦略等将来像がみえてきます。有名な大企業だからと言っても、今後の展開を見誤ると淘汰されていく現実があります。最初はIRの何を見て、どのように読み解いていくかさえわからないかと思いますが、何度も目を通すうちにコツがわかるようになります。様々な情報から就職を有利に進めましょう。

IRをから読み取れる企業の情報

IRは上場企業であれば、HP上に掲載しています。IRから読み取れる情報は、売上高の変化、営業利益や経常利益が単純にプラスかマイナスか、またどういう動きがあるのか、事業部ごと考えその数字をみて好調のかそうでないのか、原因はどのように考えているのか、今後の戦略などです。売上が増えていないのに経常利益が回復している場合は、リストラや子会社の売却などコストカットした可能性があります。売上が急に伸びた場合も、その背景が特需のような一時的な物で長続きしないものではないのかなど、読み込む必要があります。キャッシュフロー計算書からはお金の動き、例えば営業キャッシュフローが小さかったりマイナスであれば、資金繰りが厳しい可能性もあります。中長期的経営計画からは、経営戦略、経営の基本方針や目標とする経営指標等を読んでいき、深く企業研究を行いましょう。

IRを就活の面接で上手く使う方法

IRを読み込みめば、自信を持って面接に挑める事になる事でしょう。その自信は、面接で何人もの学生を見て来ている採用担当者にとって、他の学生とは違う光る物を感じるはずです。また、自分の売りをその企業が求める人物像と明確に照らし合わせてアピールする事もできます。例えばIRのセグメント分析には、その会社の事業部門別の売上や利益の内訳が示されています。どの事業が成長し、どのような人材の活躍を期待しているのかを考え、自分の特性とその求める人材が合致している点をアピールしてみましょう。しかし、IRを読み込んで理解した気になり、面接で業績の分析や企業に対するネガティブな発言や指摘をするのはマイナスです。そこまで企業研究をし、他社と比較し弱みも含めてその企業に就職したいという意思を伝える事はプラスになるでしょうが、弱みを攻めるのではなく、今後の明るい展望を感じさせる人材である事をアピールしましょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし