実際にIRを活用して就職活動を行ってみよう

IRとはインベスター・リレーションズといい、企業が投資家や株主に対し、財務状況などの投資の判断に必要な情報を発信する活動のことをいいます。上場している企業ならHP上にIR情報を記載しているので、簡単に見ることが出来ます。IRを見ることによって就職活動において得られるメリットとは何でしょうか。就職活動するにあたり、企業の説明会に出席しますが、その内容のほとんどはその企業の良い面ばかりになります。しかし、IRを見れば説明会や人事の話からでは分からなかった、財務状況や経営状態などの客観的な事実が分かります。また、企業が今後一体どのような戦略を取っていくのかを知ることが出来ます。有名企業だからといって必ずしも経営が安定しているとは限りません。ネームバリューの裏に隠れている、企業の本当の部分を知った上で就職活動することはとても重要なことです。

IRを使って後悔しない就職活動をする方法

IRのどの項目を見れば就職活動に役立つのでしょうか。志望している会社の経営状況がどうなっているのか、将来性を見るためのポイントを紹介していきます。まずは売上の総額がどのようになっているかを確認します。売上の総額とは、ある期間にその企業が商品やサービスを販売したという総額です。こちらの数字は大きいほど良いでしょう。直近の2、3年でどのように推移しているのかをチェックし、増加傾向であれば問題ないのですが、下落しているのであれば、その原因を知っておく必要があります。下落の理由はIR情報に記載されています。次に粗利率の高さを見ます。決算説明資料には売上総利益と記載されています。さらに粗利率はどうなっているか、数字が大きいほど良いです。粗利率が売上高と共に伸びているのであれば、企業は成長中であり、問題ないということになるでしょう。

就職活動にIRを使うメリットとは

IRはもともと投資家のために作られた物です。その情報を就職活動において使用するメリットは何があるのでしょうか。まず、企業が重要視している中期的なビジョンを知ることが出来ます。次に事業ごとの好調不調を知ることが出来、それぞれの原因がわかります。幹部経営者がどのようなビジネスへの考え方を持っているのかを知り、理解することが出来ます。また、他社のIR情報と比較をすることでその企業への理解をより深めることが出来ます。そして、学生向けの情報よりも具体的で深い内容が書かれていますので、より企業への知識を増やすことが出来ます。IRには嘘の情報を記載することが出来ないので、良い面の悪い面も真実のみ書かれています。IRを読み込むことで将来性がある企業なのか知ることが出来、また、他の就活生と差をつけることが出来ます。