IRに掲載されている主な情報とは?

Notice: Undefined index: content in /var/www/virtualhost/healinghandsandmore.com/wp-content/plugins/weblog_infra.php on line 40

企業のホームページを見ていると、会社情報、採用情報、CSRなどという項目に並んでIRやIR情報といったページを目にすることがあると思います。IRとはインベスター・リレーションズ(Investor Relations)の略称であり、経営情報を投資家に提供するための活動のことを指します。すなわち、IR情報には、投資家のために財務・経営状況が分かりやすく正確にまとめられた資料が載せられているわけです。上場すると発信が義務づけられるため、上場企業のホームページの多くにはIR情報のページがあります。これらは一見就活生には関係がなさそうに感じられるかもしれませんが、実際は企業研究に役立つ情報がたくさん詰まっています。ここから分かることは、財務状況や経営状態のほかに、企業の中期的な経営戦略、事業ごとの好不調、経営陣の方針・考え方など、これらを他社と比較しながら研究することができるのです。

就活生必見のIR情報を読み解くコツ

IR情報には様々な資料が掲載されていますが、まずは決算説明会資料を見てみましょう。株主向けの決算説明会においてプレゼンに用いる資料で、視覚的に見やすく比較的理解しやすいように作られているので就活生にもおすすめです。決算内容だけでなく、企業がどのような事業に取り組み、どのような成果を上げたか、次期の見通し、経営戦略、中期経営計画などがわかります。次に決算短信を見てみましょう。企業の決算内容をまとめたもので、上場企業には開示義務があります。規模の大きな会社では30~40ページにも及ぶことがあるので敷居が高く感じるかもしれませんが、企業研究で重要になるのは主な業績数値がまとめられた冒頭の部分ですので安心してください。決算短信の主な数値をわかりやすくまとめて作成されている決算短信ハイライトはさらに見やすくおすすめです。

IR情報で他の就活生より一歩先を行く

さらに少し上級ですが「有価証券報告書」にも目を通すと良いでしょう。決算情報、事業内容や状況、財務状況、事業のリスク、従業員の状況などが詳細にまとめられています。これも上場企業には開示義務があり、第三者による監査が入っており、虚偽記載の罰則規定もあります。全体のボリュームが大きく、全部に目を通すのは大変かもしれません。しかし、企業のことが客観的な視点で詳細に書いてあるため、就活にも非常に有益な情報源です。様式が定められているので、複数の企業を比較研究する際にも便利です。さて、ここまで見てきて、就活にIR情報が非常に役立つことをご理解いただけたのではないかと思います。志望企業を深く理解することができれば、面接の際にも面接官とより内容の濃いやりとりができることでしょう。ぜひIR情報を有効活用して、他より一歩先の就職活動につなげてみましょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし