そもそもIRってなに?就職活動に何の関係が?

IRとはインベスターズ・リレーションズの略であり、投資家に対する広報活動のことです。企業を投資対象として捉える個人投資家が増えたことにより、企業側から投資家に対して経営判断の妥当性やその根拠を広く明確に伝える必要性が高まっています。企業は財務状況や経営状態を様々な投資家に正確に伝えるために、業界にあまり詳しくない人でも理解できるようにIR情報を掲載していることが多くあります。そのため財務状況や経営状態など、説明会では話されない客観的な事実をIR情報から知ることができます。また企業が今後どういう戦略を取るのかを予測することができます。なぜその企業に就職したいのかという志望動機をはっきりさせ、その企業で自分はどんなことをしたいのかということを具体的にイメージする上で、IR情報を活用し企業研究を行なうことはとても重要です。

IRってどうやって見ればいいの?どうやって使うの?

就職活動をする際、企業説明会に参加したり、OB訪問をしたり、HPを閲覧することが一般的です。しかし、ここで得るのは企業側が知ってほしい情報であり、他の企業との違いを知るために必要な情報を収集することはできません。その点、IRは企業側が知られたくない情報も掲載されているため、より中立的な情報を得ることができます。その中で、企業研究をする際に注目したい情報は中長期経営計画や決算資料です。中長期経営計画では、数年後その企業がどのような人材を必要とするか、ひいては現在新卒としてどのような人材を採用するのかを予測することができます。決算資料では売り上げの把握はもとより、その企業にとって成長している事業は何か、どうして成長することになったのかを理解することができます。IRの活用という、ちょっとした企業研究の努力の差が就職活動の成否において重要となります。

どこまでIRを参考にしたらいいの?

企業研究にIRを活用するといっても、数値を細かく分析するのではなく、あくまで参考程度にとどめることが大切です。たとえば、財務諸表からは短期的な倒産リスクを読み解くこともできますが、あくまで数字のうえでの情報です。企業の実態は、様々な情報から総合的に判断する必要があります。そのため、その企業が自分という資本を就職という形で預けるに値するのかを考える材料にしたり、気になる企業同士の比較にIRを活用するのがよい活用法です。IRのような深い情報を持っていることは面接の際にも有利に働きますし、その企業への本気度を示すことができます。企業研究をしている中で浮かんだ疑問点を面接などで質問していくことで、自分の志望動機も深まり、他の就職活動中の人との差別化も図ることができます。

当社は株券の電子化のメリットが、最大限にお客様のお役にたてるように、サービス提供とサポートをさせて頂く会社です。 定期的にIR・SRコンサルティングセミナーを開催しており、多数の上場企業の方々にご参加頂いております。当社は業務経験年数平均28.4年の業界を熟知した人材が、最新のITを全面的に活用し、お客様に最大限の利益を還元する革新的な証券代行機関です。 IR活動・SR活動を支援する株式会社アイ・アールジャパン

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし